『ヴィジェヴァノ』『フィズリーン』
PB育て発展させる

2024号911号2面P4 キタ(川上淳子社長、大阪市浪速区)は昨年10月に創業60周年を迎えたが、婦人革靴卸として存在感のある会社に成長している。主力PBの『ヴィジェヴァノ』は約35年、『フィズリーン』は約25年展開している。「一人でも多くの消費者に選んでもらえる靴ブランドに育てたい」と創業者の北昌祥会長が立ち上げ、その想いを引き継ぎ川上社長の元、若い企画担当者が靴作りに取り組んでいる。

2024号911号2面P3 PBのテーマは「華麗な遊び心」。開発当初は、どこにでもあるものではなくうちにしかないもの、得意先や消費者が喜んでくれるものを自分の責任で提供しようと企画に取り組んだ。
 開発当社、ブランドは知られてなくてもより良い靴を目指し、得意先小売店に商品を納めた後でも改良を加えるなど手間をかけ、売れる商品に育てていき、信頼を積み重ねていった。

2024号911号2面P2 この商品開発には地元のメーカーの協力が欠かせない。大阪の革靴メーカーは中小規模のところが多く小回りが利く。また履き心地の良いミセスの靴には定評があ2024号911号2面P1る。こうした優れたメーカーとしっかり取り組み、必要であれば1日に2回、3回と互いに足を運びながら目指す靴作りをする。これは他地区の問屋にはマネできない強みである。
▽問い合わせ先=キタ☎06・6649・0734