靴・バッグ業界の今を知り、未来を創造する・・・

会社沿革

  • HOME »
  • 会社沿革

[創業の歩み]【沿革

 昭和24年12月に先代社長であった田波省一が、日本皮革製品時報社を創業、翌25年2月に『日本皮革製品時報』の第一号を出したのがスタートです。

 終戦の混乱期に、皮革関連産業の各種組合の書記長等を歴任した田波省一が、業界各方面からの、「混乱期にある業界の指針となるべき指導紙を」、との声に励まされて創刊したものと言われております。

 その後、紙名を『中日皮革時報』、『中日皮革護謨新聞』、『中日フォーラム』と変更して57年目を迎え今日に至りますが、その発刊方針は一貫して、「真実を速やかに報道し、業界の発展に資する」を守り貫いてきました。

 これからもさらに、70年、80年を目指し、新しい21世紀にマッチした新聞作りを通して業界の、ひいては日本経済界、さらには世界の正しい発展のために尽くして行きたいと考えております。スポンサー各位初め、読者の皆様方の一層のご高配をお願い申し上げます。         

  (上の写真は本紙の前身、日本皮革製品時報の創刊号です)

        2006年3月1日

   株式会社中日フォーラム  代表取締役 田 波     勝

 


初代社長の田波省一に贈られた各界からの感謝状の一部

 

昭和27年
名古屋皮革まつりの企画運営に協力、その労苦に対し名古屋皮革連盟会長・岩田正作氏より、感謝状と香炉一個が贈られました。
 昭和52年
鞄業界90年史、100年史の製作を初め永年にわたる業界への貢献にに対し、名古屋鞄協会会長、松本満氏より感謝状が贈られました。
            昭和47年
永年にわたる業界への功績と指導啓蒙に対し、愛知県革商協会協会の20周年に際し、理事長・内藤参二郎氏より感謝状が贈られました。
 昭和61年
長年にわたる業界への貢献と指導啓蒙に対し、中部靴鞄資材協会・伊藤寿理事長より感謝状が贈られました。

田波 勝 現社長に贈られた各界からの感謝状の一部

昭和63年

第70回ナゴヤオールシューズフェアに対する貢献に対し同連盟野口泰志理事長より感謝状贈られる。

平成15年

第100回ナゴヤオールシューズフェアに対する貢献により、同連盟鈴木行成理事長より贈られる。

平成5年

中部靴鞄資材協会の創立40周年に際し、永年の協力貢献に対し、時の伊藤寿理事長より贈られる

平成24年

名古屋鞄協会に60年史製作の監修者として、その巧に対し、水野一樹理事長より贈られる

平成24年

本人の古希に際し、出身校である山吹小学校に新しい児童書417冊を寄付、

その行為に対し一柳慶一校長より感謝状が贈られた。

 

 

株式会社中日フォーラム社是

1。何よりも優れた情報伝達の手段としての新聞作り、及びネット新聞の製作を通して社業の発展を図り、ひいては業界のため、社会のために貢献することを目的とする。

2。より豊かで充実した人生を作り上げるために、常に自己を研磨し、互いに切磋琢磨することによって人格の陶冶を目指す。

3。われわれは希望の世紀21世紀を迎えて、真に豊かな社会を築くために「新聞」の持つ使命を自覚し、さらに新しい時代にあった新聞作りを目指す。

お問い合わせ&購読申し込みは・・・ TEL 052-931-9485

PAGETOP
Copyright © 株式会社中日フォーラム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.